50kw以上100kw未満は低圧連系で2区画に分けたほうがお得-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

50kw以上100kw未満は低圧連系で2区画に分けたほうがお得

50kw以上100kw未満の産業用太陽光発電設置を検討されている方は、2つの区画に分けて設置したほうが初期費用、管理費用を抑えることができます。現在、1つの敷地に対して2区画まで利用可能です。
以下は高圧連系した図と低圧連系した図です。

高圧連系した図
高圧連系図

続いて同一敷地内に2つの低圧連系(50kw)をした図
低圧連系図

※同一敷地内に2つの低圧連系をする場合は、トランスは2つ必要です。無い場合は増設します。

高圧連系で契約した場合

以下の手続きが必要になってきます。

  • 1.キュービクルの設置(200万円~300万円の費用)
  • 2.電力会社との接続協議(20万円程度の費用。協議期間数ヶ月)
  • 3.主任技術者の選任や保安規定の届出(支部によって異なるが、届出を必要とする事案が発生した時点から目安として1ヶ月以内)

低圧連系ではこれらの手続きを行う必要はなく、費用を抑えることができスムーズに設置することが可能です。

まとめ

タイトルでは【50kw以上100kw未満は低圧連系で2区画に分けたほうがお得】となっていますが、2区画に分けた方がお得なのか、それとも1区画で産業用太陽光発電をしたほうがいいかは、設置場所の現況で変わります。設置予定地の状態は概算見積もりではわからない部分なので、現地調査を依頼しましょう。また、設置、検討される際は、2区画と1区画の見積もり書や売電シミュレーションを比較するとよいでしょう。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP