都心部VS郊外の野立て設置 土地の有効活用は郊外の方がお得!-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

都心部VS郊外の野立て設置 土地の有効活用は郊外の方がお得!

太陽光発電の設置は郊外が有利

一般的に土地の評価額は都心部の方が高いため、資産として考えた場合には都心部に土地を持っている方が有利です。ただ、太陽光発電の設置を考えた場合、郊外の土地を持っている方が有利になります。

都心部に太陽光発電の設置に適した土地は少ない

太陽光発電である程度の利益を上げようとした場合には一定の土地の面積が必要です。低圧50kWの場合、300坪(約1000㎡)程度の面積が必要になりますが、都心部で300坪の土地となると、かなりの評価額となります。太陽光発電を設置するよりも売却した方が収益が高くなることもあるでしょう。

また、野立てで50kWの設置となると周りに建物がなく、影ができない環境が必要ですが、都心部だとそれも難しいでしょう。

郊外は土地も安く、建物が少ないため太陽光発電の設置に適している

郊外の土地は、都心部と比較して評価額は低いですが、太陽光発電の設置に関していえば、かなり有利です。遊休地があって、毎年固定資産税だけを払っているだけのような土地があれば太陽光発電を検討してみてもいいでしょう。

土地を持っていない場合は分譲太陽光発電も検討してみましょう

それでは、土地を持っていない場合はどうすればよいのでしょう。土地を持っていなくても太陽光発電を始められるのが『分譲太陽光発電』です。

分譲太陽光発電は簡単に言えば、大きな土地に太陽光発電を設置して、それを区画分けして、土地付きで販売する分譲商品のことです。土地を所有していない方でも太陽光発電システムを持てること、利回りが10%と高くなっているので、投資家からも人気を集めています。

小さい発電所を複数作るのではなく、大きな発電所を1つ作ることでコストも抑えられることから、土地代込で2000万円前後で販売されています。土地付き分譲型太陽光発電【物件情報】

グリーン投資減税による一括償却が可能

もうひとつのメリットがグリーン投資減税による節税メリットです。特に利益が多くでた法人の場合は一括償却がオススメです。
グリーン投資減税の詳しい説明はこちら

グリーン投資減税は、太陽光発電などの省エネ設備を購入、設置し、かつ1年以内に発電を行えば減価償却資産の特別償却や税額控除が可能な租税特別措置です。7%税額控除、30%特別償却、100%即時償却の3つから選択することが可能です。

分譲太陽光発電は36円、40円の買取価格が一般的

平成26年度の買取価格は32円ですが、現在販売されている分譲太陽光発電は36円のものが一般的です。こちらは平成25年度に設備認定を取得済みの物件のため、36円の買取価格が20年間適用されます。中には40円の権利がついたものが販売されることもあります。収益性を考えた場合、分譲太陽光発電は有利な商品といえます。

詳細資料のご請求、お問い合わせ

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP