50kw(低圧)の産業用太陽光発電でよくある質問をまとめてみました。-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

50kw(低圧)の産業用太陽光発電でよくある質問をまとめてみました。

簡単ではありますが、50kw(低圧)の産業用太陽光発電でよくある質問(産業用太陽光発電の土地賃貸、工事費用、契約者、工事の依頼先)をまとめてみました。参考にしていただけたら幸いです。

産業用太陽光発電の土地賃貸について

Q.産業用太陽光発電の土地賃貸は何年契約なのですか?

A.産業用太陽光発電の土地賃貸は最大で20年となります。その後は賃し主と再契約をするかの判断になります。売電価格が決まってないので、地主との相談になります。時には覚書を交わす場合があります。

工事費用について

Q.工事費用については1つ300万円前後が相場だとネット上で知りました。例えば50kwの産業用太陽光発電を2つ設置する場合、スケールメリットが働くと思っております。その場合、下記の場合だと合計でいくらくらいになるのでしょうか?
(1)同時期に導入、設置した場合
(2)今年に1つ、来年に1つ設置した場合

A.別日での工事の場合はスケールメリットはありませんが、同時工事であれば工事費用を下げることは可能です。ただ、別日であっても同時に契約を頂けるなら値引き可能な企業もあります。どれくらい下がるかは会社の利益をどうするかだけなのでお客様へのプレゼン内容によって異なります。会社によって金額は全く違ってくるかと思います。

契約者について

Q.株式会社を保有しております。その株式会社に設備を購入させるのと、個人で個人保証で借金をさせて購入させる場合のどちらがよいかを検討しています。会社の場合、株式会社の資本金は1000万円とし、1000万円をベースに金融機関から2000万円を借り入れるとします。一般的なのはどちらでしょうか?

A.会社が儲かっているなら会社でグリーン投資減税を利用しましょう。儲かっていないなら個人事業で借り入れが一般的です。また、合同会社を立ち上げ、奥様を代表にするなどで借り入れを増やしたりすることも手段の一つです。金融機関によって金利及び借り入れ額が違いますので金利の安い金融機関を選ぶことが重要です。

工事の依頼先について

(1)引き合いから見積もり、パネルなどの設備機器の仕入れ、施工からアフターフォローまで一貫して行っている企業に依頼した場合
(2)施工は工事専門の企業に依頼、パネルなどの設備機器の仕入れはパネルメーカーに直接依頼した場合

太陽光発電を設置・依頼する方法として、どちらがよいのでしょうか?個人的な意見としては、個別(工事と仕入れは別)でお願いしたほうがコストがかからないと思いますが、どうでしょうか?

A.引き合いから見積もり、施工からアフターフォローまで一貫して行っている企業にご依頼された方が安く済むかと思います。理由は単純で多くのお客様から依頼を受け多くの商材を購入しているので、仕入れ値が安く済む『スケールメリット』が生まれます。ゆえに、安価で提供することが可能です。そのうえ、連絡の窓口を一本化することができるのでラクです。

まとめ

パネ郎では見積もりから施工、アフターケアまで一貫して行っている企業をご紹介しています。お気軽にお問い合わせください。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP