24kw以上の産業用太陽光発電はCTセンサー式売電メーターが必要!?-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

24kw以上の産業用太陽光発電はCTセンサー式売電メーターが必要!?

24kw以上の産業用太陽光発電には全量買取用のCTセンサー式売電メーターが必要になる場合があります。

CTセンサー式売電メーターが必要なケース

  • パワーコンディショナが三相3線式の場合→24kw以上~40kw未満の太陽光発電
  • パワーコンディショナが単相3線式の場合→40kw以上の太陽光発電

パワーコンディショナの配電方式によって、CTセンサー式売電メーターが必要なケースが異なります。

CTセンサー式売電メーターの現状とデメリット

  • 納期までに2ヶ月~3ヶ月待ち
  • 24kw未満の売電メーターに比べ割高

納期までに2ヶ月~3ヶ月待ち
2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まって以来、産業用太陽光発電は爆発的に普及しています。これによりCTセンサー式売電メーターは品薄状態。各電力会社管轄の営業所の実情によって納期に差はありますが、2ヶ月~3ヶ月ほどかかります。売電を始めるためには必ず売電メーターが必要になってきます。

CTセンサー式売電メーターは割高
CTセンサー式売電メーターは、普通の売電メーターに比べ数万円割高です(各電力会社によって金額が異なります)。詳細は管轄の電力会社にお問い合わせください。

まとめ

パワーコンディショナの配電方式によってCTセンサー式売電メーターが場合によっては必要だということを覚えておきましょう。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP