太陽光パネルの選び方で知っておきたいこと-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

太陽光パネルの選び方で知っておきたいこと

パネル選びで迷っている方へ、モジュールについて知っておきたいことをまとめてみました。

モジュールについて知っておきたい4つのこと

Q.変換効率が高いということは、実発電量が多いってこと?
A.発電効率は1000wの明るさでどのくらい発電するかをあらわした数値をいいます。夏と冬では照度が異なるため、発電効率だけみても1年でどのくらい発電するのかはわかりません。パネルの性能を表す数値であることはまちがいありませんが、『どのくらい発電するか』が大事になってきます。

低照度特性には注目するべし
モジュールは春先から夏にかけてはよく発電しますが、照度の低い季節に発電量が著しく少なるのは問題です。低照度特性とは太陽の光が弱くてもしっかり発電するパネルの特徴をいいます。低照度でもしっかり発電することで、年間発電量は変わります。設置、検討されているパネルに低照度特性があるのかどうかを知るのもポイントになってきます。

Q.パネルが突然発電しなくなることはあるの?
A.日本の太陽光発電事業のモデルとなったドイツでは、高温多湿の環境下で高電圧が流れると、モジュール内で電流漏れが発生してしまう『PID現象』が問題となりました。PID現象はパネルの出力低下だけでなく、故障の原因にもつながります。日本においては6月が高温多湿の時期にあてはまるかと思います。PID性能があるかないかはモジュール選びをするうえで大切です。

Q.良いパネルとは?
A.良いパネルとは、20年以上壊れずに発電し、明るさに関係なくしっかりと実力発揮できるパネルをいいます。この2つをおさえておけばよいでしょう。

まとめ

今回ご紹介した4つのことは知っておくと良いでしょう。
また、ハンファQセルズでは低照度特性があり、高温多湿の環境に強いパネルを提供しています。

ハンファQセルズ

コスパ面で他のメーカーとどのくらい差があるのかは見積もりを取ってみないとわかりませんが、ハンファQセルズのモジュール特徴は知っておいたほうがいいかもしれません。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP