産業用太陽光発電の相場-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

産業用太陽光発電の相場

インターネットを通じて見積もり依頼をするメリットとして、『複数業者の見積もり書を比較することができ、その商品の相場を知ることができる』ことが挙げれます。産業用太陽光発電の相場はメーカーにもよりますがおよそ1kwあたり30万円/kwとなっています。例えば50kwの産業用太陽光発電を設置したいのであれば、1,500万円の導入費用が必要になってきます。2、3年前は1kwあたり60万円/kwほどしました。半額程度にまで値下がりしています。

産業用太陽光発電の”現在”の相場を知るには

冒頭にも言いましたが、複数業者の見積もり書を比較する『相見積もり』が最も良い方法です。

相見積もり

『引越し』と同じです。見積もり1社取って即決される方はあまりいらっしゃらないと思います。産業用太陽光発電も同じように、複数社に見積もりを取り、比較、検討することが大切になってきます。

相場を知るには3社程度から見積もりを取るのがベスト

相場を知るには3社程度から見積もりを取るのがいいでしょう。相場がある程度見えてきますし、見積もり比較で各業者の漏れの発見にも役立ちます。ただたくさんの業者さんから見積もりを取ればいいというわけではありません。

例えば10社から見積もりを取ったしましょう。当然、業者の方は『ウチで工事をしてもらいたい』と思うわけで、価格競争になります。そうなると、業者さんは『価格』だけに奔走してしまい、必要な工事、機器を省くことがあるかもしれません。また、相見積もりといっても、条件が業者ごとでバラバラでは意味がありません。

同条件で見積もりを取ることが『相場』を知ること

同条件で見積もりを取ることが『相場』を知ることです。現在、シャープ、京セラ、パナソニック、ソーラーフロンティアなど、様々なメーカーがあります。シャープを検討しているなら、シャープを取り扱っている業者から見積もりを3つほど取る。ソーラーフロンティアの導入を検討しているなら、ソーラーフロンティアを扱って業者から3つほど取る。といったようなやり方がベストです。

見積もりを取った全ての業者が違うメーカーではそのメーカーの相場は分かりません。価格のみを重視しているのであればよいのかもしれませんが、メーカーごとで最低でも2つ見積もりは取ったほうが良いでしょう。

相場を知るには額面だけでなく信頼できる業者から見積もりを取る

相場を知るには額面だけに注目するだけでなく、信頼できる業者から見積もりを取ることがポイントになってきます。

相見積もりのポイント

3社といっても、『太陽光発電をあまり扱ったことがない』業者さんから見積もりを取ってはまったく意味がありません。また、あまり太陽光発電について詳しくない方にとって、『信頼できる業者』の指標がなにかを見定めるには難しいかもしれません。

産業用太陽光発電は比較的リスクの低い事業と言われていますが、ある程度の知識は備えておくとよいでしょう。

また、信頼できる業者かを見定める近道として、『中立な立場から適切な情報を得る』という選択肢もあります。

中立な立場から優良業者を見極める

パネ郎では太陽光発電ビジネスを検討されている方、また地球環境の改善に少しでも役に立ちたいと思っている方に、中立な立場から真剣にサポートをさせていただいてます。パネ郎は日本住宅性能協会が認定する『太陽光発電アドバイザー』が2名常駐しております。お見積もりをご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP