グリーン投資減税のメリット~『太陽光発電30%特別償却』で節税対策~-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

グリーン投資減税のメリット~『太陽光発電30%特別償却』で節税対策~

30%特別償却のメリット

  • 100%即時償却には劣るが、繰越欠損金の繰越ができる
  • 太陽光発電を特別償却したことで赤字が生じた場合、将来の黒字と相殺することが可能
  • 法人=9年間
  • 個人=3年間

グリーン投資減税~30%特別償却適用例~

30%特別償却を適用することで、設置費用の一部(30%)をその年に経費として計上できます。
設置費用の一部(30%)を経費にできるということは、当期の節税対策につながります。 グリーン投資減税を利用して30%特別償却が適用されるには一定の条件があります。

・太陽光発電システムの出力が10kw以上・青色申告をしている法人または個人・買取制度の認定を受けていること・平成25年4月1日から平成28年3月31日までの期間内に太陽光発電を設置し、その日から1年以内に発電を始めること

まずはこの4つの条件を満たしていることが前提となります。
※買取制度の認定とは設備認定のことです。
50kWの太陽光発電設備を1500万円で設置した場合を例として、どのくらい節税できるのか詳しくみていきましょう。

グリーン投資減税~30%特別償却適用例~

条件
  • 経常利益:2000万円
  • 法人税:25.5%
  • 太陽光発電導入費用:1500万円(1kwあたり30万円とする)
  • 50kw(50,000w)の太陽光発電システムを設置
  • 全量制度を適用

グリーン投資減税『30%特別償却』適用前
法人税:2000万円×25.5%=510万円(A)

グリーン投資減税『30%特別償却』適用後
2000万円(経常利益)-(1500万円×30%)=1550万円
1550万円×25.5%=395.25万円(B)

ゆえに節税額は
510万円(A)-395.25万円(B)=114.75万円

買取満了までの売電金額

太陽光発電設置にかかる実質の費用は
1500万円(導入費用)-114.75万円(節税額)=1385.25万円

50kwでの年間発電量は平均して50,000kwh(JPEA参照)。
電力買取価格を37.8円/kwhとすると、年間売電価格は
50,000kwh×37.8円/kwh=189万円

投資回収に要する年数は
1385.25万円÷189万円≒7.33年

10kw以上設置した場合の買取期間は20年。
買取満了までの残り年数は
20年-7.33年=12.67年

12.67年分の売電収入が事実上の利益となります。

ゆえに、買取満了までの売電収入は
37.8円/kwh×50,000kwh×12.67年=2394.63万円

30%特別償却のほかに100%即時償却7%税額控除があります。どれを適用したほうがいいかは各企業の年間所得や法人税額などで異なります。詳細をお知りになりたい方は税理士、もしくは太陽光発電の施工・販売業者に相談されたほうがいいでしょう。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP