分譲型太陽光発電のメリットとデメリット-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

分譲型太陽光発電のメリットとデメリット

分譲型太陽光発電とは、『一つの大きな広い土地に太陽光発電を設置し、それを区画分けして販売する』ものです。いまや投資案件として最も注目されている事業の一つとして、世間に広く知られています。ただ、投資という以上、メリットだけでなくデメリットもあります。

土地付き分譲型太陽光発電【物件情報】

メリット

土地、屋根が無くても発電事業のオーナーになれる

分譲型太陽光発電の最大のメリットといってもいいでしょう。太陽光発電は土地、もしくは屋根がなければ設置できない。という認識が広くあったと思います。それが設置場所を賃借することで太陽光発電事業に参加することができます。

分譲型太陽光発電はスケールメリットが働く

50kwを設置できる土地を購入して太陽光発電を設置するよりも、区画分けされた分譲型太陽光発電のほうが、価格は安くつく可能性が高いです。もちろん、パネルメーカーなど使用機器によって価格は異なりますが、工事部分だけに着眼してみると、分譲用は一つの広い場所にたくさんの発電所を手間なくいっぺんに建設することができるので、スケールメリットがうまれます。簡単に言うと、分譲型太陽光発電はランニングコストを抑えることができます。

万全の管理体制

分譲型太陽光発電を購入した場合は基本的に、販売・設置工事をした業者、またはメンテナンスの管理会社がアフターフォローを行ってくれます。管理する側からすれば発電所がまとまっているのでメンテナンスしやすく、また異変にも気づきやすいです。

国公認の節税対策ができる

国が公認しているグリーン投資減税を適用することで大幅な節税対策が可能です。償却年数関係なく、いっぺんに全額償却ができます。
グリーン投資減税のメリット|太陽光発電『即時償却100%』で節税対策

デメリット

立地リスク

太陽光発電に欠かせないのは太陽の光です。発電を開始した当初は日あたりが良くても、周りに高層マンションが建つことで影になり、売電できなくなる可能性があります。

台風などの自然災害

これは太陽光発電全体に言えることですが、太陽光パネルは常に外にさらされています。台風や雹、雷などが原因でシステム機器に異常をきたす可能性があります。分譲型太陽光発電を取り扱っている業者の中には、風災、水害、火災、落雷など、10年保証を行っているところもあります。
安心の動産保険を提供している業者はこちら

まとめ

分譲型太陽光発電を販売する業者はこれから増えていく事が予想されます。取り扱っている業者によっても保証内容などが異なってきますので、しっかりと見極めるようにしましょう。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP