設備認定取得はお早めに!固定買取価格の値下がりが早まる可能性あり-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

設備認定取得はお早めに!固定買取価格の値下がりが早まる可能性あり

平成25年度における住宅用太陽光発電、産業用太陽光発電の固定価格買取制度は

  • 住宅用:38円/kw
  • 産業用:37.8円/kw

です。この買取価格は毎年見直すようになっていますが、26年度以降、『半年に1回』になるかもしれません。

再生可能エネルギーの買い取り価格を決める政府の「調達価格等算定委員会」で委員長を務める植田和弘・京都大学教授は25日、「太陽光発電の買い取り価格は半年に1度変えてもいい」と話し、現在は1年に1度見直している期間の短縮を検討する考えを示した。買い取り価格の引き下げを早めることを示唆したとみられる。

植田氏は横浜市で開かれた環境配慮型都市の展示会「スマートシティウイーク」(日経BP社主催)の講演会で発言した。植田氏は「太陽光は最も設置しやすく、バブルが起こりやすい」と指摘。電力会社が電気の買い取りに要した費用は家庭や企業の電気料金に上乗せされる。太陽光発電の急増で消費者や企業の負担増が懸念されるため、買い取り価格を柔軟に変更する必要性があるとの認識を示した。

買い取り価格は有識者でつくる調達価格等算定委員会が、設備価格に応じて毎年改定する。

※ソース元:日本経済新聞

設備認定は早めに取っておこう

太陽光発電を設置するなら、固定価格が値下がりする前に設備認定を取得したほうがよいでしょう。設備認定を取得する際、使用するパネルの種類やパワーコンディショナなどを申告しなければなりませんが、あとでも変更がききます。認定された出力の±20%未満の変更、又は±10kw未満の変更の場合のみ(発電設備区分の変更がある場合は除く。)であれば、軽微変更を届け出るだけでOKです。それほど時間はかかりません。
→参照元:軽微変更届出の運用について

軽微変更届出の認定例

まとめ

パネ郎のソーラーNAVIでは産業用太陽光発電のお見積もり、施工と合わせて設備認定の代理申請を行っている業者さんをご紹介しています。お気軽にお問い合わせください。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP