グリーン投資減税100%即時償却は平成27年3月で廃止へ-産業用・土地付き分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

グリーン投資減税100%即時償却は平成27年3月で廃止へ

メガ発から転載

平成27年1月14日に閣議決定された平成27年度税制改正の大綱の中で、グリーン投資減税に関する記述がありました。

予定通り、平成27年3月31日で100%即時償却(一括償却)は廃止されるようです。

〔廃止・縮減等〕
(1)エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は税額控除制度(環境関連投資促進税制)のうち普通償却限度額との合計で取得価額まで特別償却ができる措置(即時償却)について、対象資産から太陽光発電設備を除外した上、その適用期限を1年延長する(所得税についても同様とする。)。

出典 財務省:平成27年度税制改正の大綱(64ページ目に記述があります。)

経済産業省、厚生労働省、環境省から、エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の即時償却の適用期限の延長(グリーン投資減税)の要望はでていましたが、風力発電のみ認められ、太陽光発電は除外されています。

今後はどうすればいい?

30%特別償却か7%の税額控除(中小企業者等に限る)は平成28年3月31日までが期限となっているので、そちらを活用する方法が考えられます。

もしくは『生産性向上設備投資促進税制』を利用できる可能性があります。
関連記事:生産性向上設備投資促進税制はグリーン投資減税の代わりになる?

一部では太陽光発電設備も対象になるという話はでてきていますが、まだ確定できない部分もあります。

メガ発では引き続き、太陽光発電設備が即時償却の対象となるのか情報収集をおこない、お客様にご案内してまいります。

一括償却可能な物件をお探しの方はこちらから⇒3月末までに売電開始予定の案件

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP