ソーラーシェアリングに必要な面積は?-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

ソーラーシェアリングに必要な面積は?

以下は空中型MY発電キット12kwを設置するのに必要な面積の図です。(looop社参考)

空中型MY発電キット

出力12kwで125,3㎡の面積を必要とします。
50kw規模の太陽光発電を設置される場合は、500㎡以上の面積が必要です。

地上型MY発電キットは下記のようになっています。

地上型MY発電キット

出力12kwで空中型MY発電キットより若干広めの154㎡以上の面積を必要とします。

農地1反(約1,000㎡)の面積で得られる作物収入とソーラーシェアリングの売電額を比較

農地1反で得られる作物収入とソーラーシェアリングで得られる売電額を計算してみました。

※空中型MY発電キット12kwを8つ設置した場合
農家が農地1反(約1,000㎡)あたりで得られる収入→60,000円~100,000円
約1,000㎡(農地1反)あたりで得られるソーラーシェアリングの年間売電収入→3,628,800円

300万ヘクタールの面積で日本の電力量を賄える

2008年における日本の年間電力消費量は1,083,142Gwh。この電力を太陽光発電で賄うには100万ヘクタールの農地面積が必要です。ソーラーシェアリング(仮にソーラーパネル1:農地2の割合)で賄うためには300万ヘクタール必要になってきます。現在、日本の農地面積は460万ヘクタールです。いまある技術でも全ての電力を生産できる計算になります。

まとめ

空中型MY発電キット12kwを設置する場合は125,3㎡以上の面積、地上型MY発電キットは154㎡以上の面積が必要だということを覚えておきましょう。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP