産業用太陽光発電とアパート、投資するならどっちがいいですか?-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

産業用太陽光発電とアパート、投資するならどっちがいいですか?

産業用太陽光発電とアパートを『投資』としててんびんにかけたとき、果たしてどちらが魅力的なのでしょうか?メリット・デメリットで比較してみます。

産業用太陽光発電のメリット

固定価格買取制度
太陽光発電の最大のメリットはなんといっても『国公認の買取制度があること』です。産業用太陽光発電であれば20年間決まった価格で電力会社が買い取ってくれます。安定した収入が得られます。

グリーン投資減税
税金の優遇制度で売電収益を促進、早めの回収が可能になります。対象は10kw以上の産業用太陽光発電設備で、個人事業主、または法人で青色申告を提出している方です。詳しくは『グリーン投資減税とは』をご覧ください。

産業用太陽光発電のデメリット

資金調達
数年前と比べ、導入コストは安価になりましたが、それでも高い買い物には変わりありません。ゆえに、十分な資金が必要になってきます。ほとんどの方は金融機関から『融資』を受けています。融資先は日本政策金融公庫を最初にお考えになられたほうがよいでしょう。太陽光発電は長期収入が保証されているため事業リスクが低く、事業計画は立てやすいですが、それでも担保や保証人がないと金融機関からの『融資』を得るには難しいといえます。

災害に遭遇した際に売電できなくなる
雷などの自然災害で太陽光発電システムが故障した場合、修理期間中は売電ができなくなります。太陽光発電の規模に比例して、損失額は大きくなります。ただ、最近では修理中でも売電収入を補償する業者が出てきているようです。

接続拒否
低圧連系(50kw以下)ではあまりありませんが、電力会社から『太陽光発電を設置しないでください。』と言われる場合があります。電力会社は変電所の容量の不足などを理由に、『接続拒否』をすることができるのです。接続拒否をされないためには、『早く申請する』ことが大切です。最近では北海道電力がメガソーラーの接続拒否を行っています。以下一部抜粋です。

北海道電力は送電容量の問題で、受け付けた156万キロワット分の計画のうち約4分の1に当たる40万キロワットしか接続できないと公表。 「よくよく聞くと、37万キロワットぐらいしか接続できないようだ。せっかく『全量買い取り』という言葉を信じていたのに」

アパート投資のメリット

利回りが良い
満室で好条件の物件であれば、利回りが30%近いものもあります。なかには年収よりもアパートでの家賃収入のほうが高い方もいらっしゃいます。わずか数年で元が取れることを考えると、魅力的なものといえますね。

アパート投資のデメリット

空き室リスク
立地が良くて人がよく集まる場所であればよいのですが、空き室があるととうぜん家賃収入は減少します。減少すると利回りは低くなり、なかなか元手を回収できなくなります。『いつ空き室になるかわからない』のがアパート投資の最大のデメリットと言えます。

修繕リスク
アパートは鉄筋や木造でできています。年々劣化していくので、水道の配管などの修繕が必要になってきます。修繕費用は大家持ちとなるので、悩みの種と言えるでしょう。

まとめ

  • 産業用太陽光発電はローリスクで長期間、安定した収入が得られるが、資金調達が難しい
  • アパートは好条件であれば数年で元手の回収が可能。ただし、修繕費や空室リスクがついてくる

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP