福島県の農地で追尾型太陽光発電を設置-産業用・分譲太陽光発電の比較見積もりサイト

福島県の農地で追尾型太陽光発電を設置

農地に設置した追尾型の太陽光発電システム

農地でも太陽光発電を実施する。今回の設置場所の隣にある農地に、追尾型のシステムを導入する予定だ。追尾型の太陽光発電システムはパネルが可動式になっていて、太陽の動きに合わせてパネルの向きを自動的に変えることができる。支柱の上にパネルを設置する構造のため、農地にも十分に太陽光が当たって、農作物の栽培が可能になる。

とまとランドいわきでは2012年に、追尾型の太陽光発電システムを開発するフジプレアムから寄贈を受けて、農業と再生可能エネルギーの両立に向けた実証試験に取り組んできた。その成果をもとに、75基の追尾型システムを2014年内に設置する。発電規模は0.4MWで、通常の設備を上回る発電効率を得られる想定である。

これまで農作物を栽培していなかった農地を利用するが、追尾型の太陽光発電システムの導入に合わせて、いちじくの栽培も始める予定だ。農林水産省が2013年3月に発表した「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電」の指針に沿って実施する。

出典:スマートジャパン トマトの生産現場で太陽光発電、農地には追尾型のシステムを導入

今後は農地への普及が進むことが予想される

農地を利用したソーラーシェアリングや農地転用での太陽光発電事業など、今年度は農地を活用した太陽光発電がトレンドと見られています。

マーケット的に見れば、既築住宅への設置は下降気味、メガソーラーは用地がない、分譲型は今年度から禁止の流れのため、普及が進んでいない農地への設置が加速するとみられます。

新聞やネットでも農地への太陽光発電に関する記事を見ることが多くなってきました。

こちらはグーグルでの『太陽光発電 農地』での検索での人気度です。

Google-トレンド ウェブ検索の人気度 太陽光発電農地 日本 2012年1月から2014年5月まで

全体的に上昇傾向ですね。

農地転用の手続きなど、普通に設置するよりかは手間もかかりますが、農林水産省も「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」の通達を発表するなど、追い風も吹いています。

パネ郎では農地への設置実績が豊富な業者のご紹介も行っています。お気軽にお問い合わせください。

産業用・分譲型太陽光発電リサーチ

土地付き分譲物件を調べる

土地付き分譲型太陽光発電の物件情報を調べる

全国対応!土地付き分譲型太陽光発電の物件情報ページ。『新しい投資案件』『安定した資産運用』『将来の年金対策に』高利回りの物件を探そう。購入後は100%即時償却が可能です。

ニュース・よくある質問

ニュース・よくある質問

産業用・土地付き分譲型太陽光発電に関する最新ニュースや、よくある質問をまとめています。これから野立て、農地、遊休地、工場の屋根などに太陽光発電を検討されている方は参考にしてください。

施工・販売店を調べる

施工・販売店を調べる

産業用・分譲型太陽光発電システムの施工・販売会社情報です。都道府県別に業者を検索できるので、地元の施工販売店への見積り依頼はもちろん、複数業者の見積り比較が可能です。

PAGE TOP